どいの父ちゃんのブログ

素人オーディオと 亡き犬と サラリーマン残り火生活

見参!夏コミケ(8月第2週)

そこは…それは、暑かったです~…*1

***

8月9日(水)

(いつものように)夜明け頃に目が覚めて、散歩に出た。

明け方の雨で庭は濡れていた。「散歩中また降るかも…」と、面倒だけど傘を手に歩き始めると…降った。「備えあれば憂いなし」…的に気分が良かった。

雨雲が去り日が差した。「虹でるかな」と、太陽の反対側に目を向けると…

首を垂れる一面の稲穂の上、大きな虹がかかってた。短時間で消えてしまったが、うれしかった。

***

さて、初めての「コミックマーケット」のこと。

8月11日(金)曇りのち晴れ…翌日のコミケに備え、東京に来た。

九段下駅で降りて靖国神社へ。大きな鳥居をくぐると、大村益次郎村田蔵六)の像が見えた。司馬遼太郎の本で「靖国」設立の経緯は知っていた。

お参りする人々の態度は、他の神社仏閣と少し違う気がした。父ちゃんも厳かな気分で参拝したのでした。

御朱印をいただいてから、売店で購入した記念の品。ステッカーと、Z旗マグネットと、戦車のピンバッジ。

新宿で買い物してビール飲んでから…

中央線沿いの長男の部屋で、ワイン飲みながら「なでしこVSスウェーデン」観戦。惜しかったなぁ。誇り高い戦いぶりに拍手を送ります。

この後、次男の店で晩飯食って、次男宅に泊まらせてもらったのだった。

***

8月12日(土)晴れ

長男と合流して、会場の東京ビッグサイトに向かった。

午前10時、りんかい線国際展示場駅」に到着。炎天下を「オタク」な人々が係員の指示(交通整理)に従って、整然と会場に向かって歩いていく。

開場は10:30の予定…。あどけない程にシロートの父ちゃんは「いい感じだね。ジャスト・オン・タイムじゃーん」などと軽口たたいたのが…。群衆は、いったん港付近の広場に列を作って待機させられた。父ちゃんの行列がここに着いたのはちょうど10:30。

先に来場していたグループから順に入場していったのだが、それを待つ間、日差しを遮るもののないアスファルトの広場に居た。モーレツに暑かった。日傘を持参して本当に良かった。

***

コミケ会場に入れたのは11:45頃。1時間以上待ってたことになる。皆ガマン強いし体力あるなぁ。

入場後は長男と別れて単独行動。父ちゃんは主として「東4~6」のエリアを廻った。「たまこまーけっと」の「みどりちゃん」関連のサークルが一番の目当てだったのだが、粗忽者の父ちゃんは、そのサークルの所在位置番号のメモを間違って、たどり着けなかった(アホじゃ)*2 カタログ モッテ クレバ ヨカッタ…

2時間ほど歩き回っているうちに、暑さと人いきれで息苦しさを感じ始めて、ちょっと不安になり、帰ることにした。

混雑する国際展示場駅に戻ってきた。手塚先生の陶器のレリーフ、いいね。混雑してなきゃ、ゆっくり写真撮りたい。

夕方、家に着きました。あ~疲れた。母ちゃんに「日焼けしたねぇ」と言われた。

コミケは楽しかった…けど、生半可な気持ちで参加するのはやめといた方がよさそうだ…とも、感じた。あと5歳若ければ、もっと楽しめた…とも、思った。まぁ、そんな感想だけど、暮れのコミケにも行ってみたいのだった…(´艸`*)コリナイ 

***

8月13日(日)曇りときどき雷雨

朝、けっこう大粒の雨が降った。

母ちゃんの実家のお墓参りしてから、実家の仏壇にお線香あげて帰ってきた。

明るいうちに迎え火をした。

今は空き家になってしまった隣家の枝にシュレーゲルを見つけて、うれしかった。

***

靖国神社御朱印

 

*1:+0+

*2:+_+