どいの父ちゃんのブログ

素人オーディオと 亡き犬と サラリーマン残り火生活

寒い記念日

先週は「横綱級」、今週は「大関級」の寒波が来てるそうで。

雪も降って寒かったなぁ。1月25日の朝は通勤路が広い範囲で凍結し、怖くて途中から引き返したのだった。翌日、出勤してから年次有給休暇取得申請をした。

1月28日(土)晴れ

昼は力うどん。毎年、正月の餅が残っていたが、今年は1月中に食べ終えた(キ餅イイ)

1月29日(日)も晴れて、今年最初のお墓まいり(父ちゃんにとって)をした。

帰宅後、一人で散歩した。日差しはあったけど、風が冷たかった。

日のあたらない道のすみっこには凍った雪が残ってた。

***

週末のレコード洗い。

L.V.ベートーヴェン 交響曲「英雄」(左:バーンスタイン指揮、NYP、1964年)

クラシックのレコードも洗って聴き直す気が起きた。これまで、クラシックのアナログ録音をオーディオ的にストレスなく聞くことが、我が家の環境では難しい先入観あったんだけど、最近のレコード洗浄がうまくいっているので挑戦してみたが…。結果は良好でした!

M.ジャクソン「Soul Beleiver」(右:1979年)

JAZZヴィヴラフォンの第一人者(と思う)ミルト・ジャクソンが歌うアルバム。暖かくリラックスした雰囲気の伴奏がいい。特にシダー・ウォルトンが弾くエレクトリックピアノ。録音もよくて、聞いてて気持ちいい音盤。

****

1月30日(月)も寒い朝だった。

ベッドから出るのを渋りながら、amazon Alexaから教えてもらったんだけど。

今日はビートルズがロンドンのビルの屋上で生演奏した日なんですってね。

今頃のロンドンは寒いよね~。ジョンが来ている毛皮のコートはヨーコさんから借りたものだそうです。

散歩とレコード2

新年を迎えたが、新しい材料(ネタ)は見つからない…。

***

大相撲初場所千秋楽は、大関貴景勝が相星決戦を制して優勝。絶対強者不在で優勝争いは混沌としたが、実力派の個性的な力士が多くなって、毎日の取組が楽しかった。

日曜は明るいうちから一杯やってTV観戦。…「岩の井」はおいしいお酒。

***

冬は植物への水遣りの塩梅がわからない。少々萎びたくらいのタイミングがいいのかな…と思う。

***

週末は散歩ばかりしてる。

此処に住んで30年超。見慣れた看板類が色あせて、好い感じになってるのを見つける。

丘の上の陽だまりには梅の花

観音堂近くの家の猫

銅板がはられた土蔵は頑丈そう。ここが自分のオーディオ部屋だといいな。

***

洗ったレコード

井上陽水 「二色の独楽」(左:1974年)

中学3年生のときに父親から貰った記憶。ジャケットはポスターになる別デザインの紙が巻かれていたけど剥がしてしまった。父ちゃんにはフィル・スペクターを連想させるようなちょっとクゴモッタよな音色の録音で、オーディオ的ではないが聴いてて気持ちいい。「夕立」「月が笑う」「眠りにさそわれ」「太陽の町」…好き。

松任谷由美「OLIVE」(右:1979年)

「らしくない」ジャケット(だと思ってた…今も)。しかし楽曲はユーミンらしさがあって好きだし名曲も多い。ハイファイセットに提供した「冷たい雨」に出てくる男の態度は、今聴くとあまりに酷くて憤慨する。このアルバムの、もう少し後からユーミンは「ヒットメーカー」的になって(父ちゃん的には)つまらなくなっていく。

 

 

 

 

レスト・イン・ピース

***

「断捨離/節約」の一環として、昨年末から本は図書館で借りて読むようにした。

人気書籍の貸し出し待機中、「大黒屋光太夫」を読んだ。

江戸時代、海難事故でロシアに漂着し、苦難の末帰国した商船の船頭:光太夫の実話。この物語は、みなもと太郎先生の「風雲児たち」であらかじめ知っていたし、吉村昭氏の簡潔な文章もあってサクサク読み進んだ。描かれたシベリアの厳冬は恐ろしかった。読後、冬のヤクーツクの動画(Youtube)を興味深くみた。

予約していた「同志少女よ、敵を撃て」を週末から読み始めた。面白い。

映画「スターリングラード」を、また観たくなってきた。ウクライナ侵略を続けるプーチンロシアへの怒りと憤りも感じるのだけど…。

***

1月13日(金)の朝刊訃報記事

ジェフ・ベックが死んでしまった。喪失感を覚えます…。

「世界三大ギタリスト」という呼称は、日本だけのものなのか?ピンとこない。

だけど「ベック」「クラプトン」「ペイジ」なら、断然ジェフ・ベックが好き。

Rest in peace…。

週末のレコード洗いはベック盤にした。

「Truth」「BECK-OLA」2枚組(1968・69年:左)

「There and Back」(1980年:右)

2枚組のヤツは、ボーカルにロッド・スチュアートが参加してる。これを買った当時、ロッドは絵にかいたようなスーパースター(金髪がお好き)だった。

「There and Back」は発売と同時に買った。リアルタイムで買ったベックの音盤はこれ一枚だけだなぁ。

「Rough and Ready」(1971年:左)

Jeff Beck Group」(1972年:右)

70年代末、ルームメイトの音盤をよく聴いた。自宅のレコード再生環境が復活した頃、ディスクユニオンで比較的安く売ってたこの2枚を購入したもの。コージー・パウエルかっちょいい(^^♪

***

1月16日(月)小雨が降るうす暗い朝

高橋幸宏の訃報。ジェフベックと同じ頃、70年代の終わりにYMOを聴いていた。「中国女」と「東風」が特に好きだった。

安らかに…。

***

1月18日(水)追記

今日の朝刊にジェフ・ベックの追悼記事が載っていた。

ジミー・ペイジの写真にちょっと驚いた(^^;)

散歩とレコード(1,000本目の記事)

ジョイフル本田に花苗を買いに行った時、魚型の陶器鉢がカワユクテ…。買った(^^)

今年から(…でOK?)成人年齢が18歳になり、これまでの「成人式」が「二十歳の集い(etc...)」などと呼ばれる行事になった。今から42年前の「成人式」に、父ちゃんは出なかったけど、今の新成人たちはどんなキモチなんだろうな。

***

三が日が過ぎて最初の週末は4連休。飲みすぎた身体を絞りたくて散歩してる。

1月8日(日)、神社周辺のお屋敷前は清々しい佇まい。

香取神宮は、まだ沢山の参拝客で混雑してた。

当日初日の大相撲初場所は、照ノ富士が休場したものの面白い取組が続いた。

***

1月9日(月)成人の日

冬の、低い暖かい陽射しが心地よい散歩道。

人の姿は見えないが、掃除が行き届いた立派な神社が彼方此方にある。

人家のある集落から離れた林道には、投げ捨てられたゴミが散らかってたりするが…。

今から12年前、愛犬どいとボール投げして遊んだ空地。当時、10㎝程の高さだった植木の苗が、今では大きくなっていた。枯葉が積もってた。

***

1月11日(水)免許更新のため仕事を休んだ。

午後1時30分の受講。去年の「一時停止違反」で、ゴールド免許でなくなるのは残念。

午前中、スーパーの駐車場にクルマを停めて1時間ほど母ちゃんと散歩。

近くの仕出弁当屋さんには、去年3月頃からウクライナ国旗が半旗で掲揚されている。

長い侵略戦争で旗が傷んでる。ロシア撤退まで、この旗ははためくんだろうな。

***

レコード洗い、やってます。

小椋佳「帰っちゃおうかな」(右:1972年)

山下達郎「サーカス・タウン」(左:1976年)

ご本人の顔を写真で見た時、ショックを受けた二人のアーティスト。この、達郎1stアルバムは、ジャケット写真で見る限りカッチョよかったんだけど…。内容はどちらも素晴らしい。

かぐや姫「さあど」(左:1973年)

伊勢正三「Half Shoot」(右:1982年)

かぐや姫伊勢正三の4枚目のアルバム「Half Shoot」は45回転で6曲入り。このあたりが、いちばん(所謂)「City Pop」的な感じ。どの曲も出来がよく、好きなアルバムです。

最近はCDを聴く時間が極端に減っている。レコード洗いは面倒だが、聴くのは楽しい。

***

2011年7月にYahooで始めたこのブログ。1,000本目の記事になりました。

ネタと活力がだいぶ薄くなってきたけど、続けて行こうと思ってます。

あ。魚型の鉢は鉢カバーとして使い、ルピナスを入れることにした。

間が抜けててイイ(*´ω`*)

年末と年始

仕事は12月29日で終わり。12月30日に母ちゃん、父ちゃん両方の実家のお墓まいりを済ませ…

お昼は一心でカツカレー。

「並」のカツカレーは値上がりして550円になっていた。

夕方になる頃、母ちゃんのハスラーを久しぶりに洗車した。

晦日…朝からざっと家の掃除をして、昼はお蕎麦。

夕方、次男夫婦が来て一緒に年越し。

***

1月1日(日)

近くの稲荷神社には日の丸。日の丸はよいなぁ。

ロウバイが良い香り

***

1月2日、長男のこたちゃんも帰ってきて、一緒に出掛けた。

帰りみち、息栖神社にお参り。穏やかでキレイな日の光。

一の鳥居の下にある湧き水は「日本の三霊泉」の一つなんだって(^▽^)…

利根川の向こうに筑波山がみえる。水面が輝いてキレイ。

穏やかな天気が続いた静かなお正月でした。三が日、また沢山呑んだ(^▽^;)…

***

今日から仕事始め。短い連休だった。何事もない平凡日記だな。

あ。レコード洗いは続いてます。

パイロジャイラ「モーニング・ダンス」(左)

加藤和彦「パパ・ヘミングウェイ」(右)

どちらも70年代末に所有していた懐かしいレコード。数年前に中古レコード屋で買いなおしたもの。

「パパ・ヘミングウェイ」は、レコード再生復活以前にはCDで聴いていたんだけど、この中の「Lazy girl」は女性歌手とユニゾンで歌う部分があるんだけど、なぜかCDでは女性ボーカルのトラックが削除されていて嫌だった。レコードで聴きなおしています。

***

今年はラグビーW杯フランス大会。

感動的だった日本大会からもう4年も経ってしまうのか…。コロナがなければなぁと。

 

 

 

よかったなぁ~よかった。

…心配していた。母ちゃんが12/22に検査を受け、結果がでた。

こわい病気でなくて安心した。よかった、よかった。

翌12月23日(金)はS市の温泉施設でのんびりした。

今読んでるのは、図書館で借りた「ザリガニの鳴くところ」

最初、翻訳のクセ(個性)みたいなもので入り込みにくかったが…

読み進めていくうちに面白くなってきた。主人公の女の子が不幸になりませんように。

***

12月24日(土)クリスマス前日

N兄が修理完了したプリアンプを持ってきてくれた。

電源スイッチのパーツの故障だったんだって。長年のスイッチON/OFFの繰返しで摩耗して、逝ったらしい…。パーツがあってよかった。早く修理が終わってよかった。

ありがとうN兄。メリー・クリスマス。

電源、入ります。赤ランプ、付きます。ピンチヒッター:Azurはお疲れ様だった。

AzurにはPhonoイコライザーが無く、前に使ってたヤツを探して(母ちゃんが見つけてくれて)繋いでた。やっぱり管球のアンプとイコライザーの音の方が好きだなぁ。よかった。

***

12月25日(日)

家の片づけの一環で、使ってない家具や家電品をハードオフに持って行った。

籐の鉢植え棚や洋服ハンガー、CDデッキなどを260円(^▽^;)で引き取ってもらう一方、

ダイソーで額縁を買い、ガルパンカレンダーを収めた…が、飾る場所に悩む(^▽^;)

(キャラクター達の誕生日が記載されてます)

帰宅後、快晴+冷風の空の下を散歩がてら…

年賀状を投函してきた。年末ですね~。

さてレコード洗い。

金子由香利「夜よ さようなら」(左)

東芝レコード「ヒアリング・テスト」(右)

金子由香利は、この日ハードオフで110円で買ったもの。盤のコンディションは良かった。内容は前から持ってたCDのベスト盤よりもずーっと良かった。

ヒアリング・テスト」は随分まえに九十九里の中古音盤屋で100円で買ったもの。この音盤は昔、亡父の部屋で何度か聴いた記憶があって懐かしかった。

あ。それから・・・・

先日のオフ会で、杉さんに聴かせてもらったCD。

ダイアー・ストレイツの、邦題「悲しきサルタン」を、父ちゃんも買いました。録音がとっても良くて、演奏も快感。歌唱がボブ・ディランに似ている。

***

「屈託ない週末」を迎えることができました。よかった(^^)/

悩みなきオジサンが、最近買ったブルーレイ。

らき☆すた」の北米版。「あの事件」で犠牲になった武本康弘さんの監督作品。

武本監督はたいした人だったなぁと、遅ればせながら感じてます。

 

ト。トラブル発生

12月19日(月)

さむーい朝。隣りの休耕田が凍ってた。

// 夜…今日の仕事は寒かった~♬…ストレスぁ、あんまりないけどね…

お気楽オジサンが風呂を出て、アンプの電源スイッチを入れる。

音盤をセットして選曲し、プレイボタンを押す…ん?押したんだが。

「アレ。音がでない」

あ。プリアンプの赤いパイロットランプがついてない。あー。

確かにケーブルは繋がり、スイッチはONなのに電源が入らない…オジサン凹む。

オーディオ顧問のN兄に電話した。結果、週末にN兄宅に持参して修理を受けることになった。

ピンチヒッターとして、ケンブリッジオーディオAzur840Aを接続(6年ぶり)。

プリメイン型だけどプリとして使う。パワーアンプは引き続きEC33Cである。

あと、Azurには内蔵PHONOイコライザーがないので、しばらくレコードは休止することにした。(持ってたPHONOイコが、どこかに収納して出てこないのデス…(T_T)

***

12月21日(水)朝刊

エリザベス前女王崩御を受けて、ポンド紙幣の肖像が変わるそうだ。

物心ついた時からエリザベス女王だったから、ずっとこのままだと思ってた。

3年前にロンドン旅行した時、一枚残しておいてよかったなぁ。

きっと英国でもこの図柄の紙幣を手元に残しておく人が多いと思う。

***

レコード洗いのこと…

松任谷由美「流線形'80」

ユーミンが1978年に80年代を先取りして出したアルバム。

おシャレで映像的で、女の子チックでもあって好きなアルバム。「ロッジで待つクリスマス」は豊かな中流女子の世界がいやらしくなく描かれてる。「かんらん車」では雪がこんこんと降る様子が太鼓の音で表現されてて、日本の古典演劇の効果音みたい。一番好きなのは「12階の恋人」かな。

クリスマスも近いし、こちらも洗いなおすことにしよう。しばらく聴けないけど…。

今日(12/22)冬至。冷たい雨の朝。

今日の午後で、今週の仕事は終わる。

週末が、屈託ない楽しい休日になりますように。