どいの父ちゃんのブログ

素人オーディオと 亡き犬と サラリーマン残り火生活

望月の記憶

台風15号が近づいている。

先週、N兄から借りたCD

カザルス/ホワイトハウス・コンサート(1961年11月13日モノラル録音)

J.F.ケネディ大統領がパブロ・カザルスを招いて開いた演奏会の模様を録音したもの。

曲目はメンデルスゾーンピアノ三重奏曲などがあるが、有名なのは「鳥の歌」。カザルス爺の故郷(カタルーニャ)の民謡だそうです。

この演奏は小学生の時に、レコードで父親のリスニング・ルームで聴いた。

風が木の枝を揺らすようなピアノ前奏に続く、物凄くエモーショナルなチェロ独奏。カザルス爺から漏れる声(ため息?)が強いのだが、それが全然聞き苦しくない。(キース・ジャレットは大好きだけど、キースの唸り声はニガテ(^^;)

実はこの音盤を最初から最後まで通して聴いたのは初めてだった。んで感じたこと。

メンデルスゾーンの三重奏曲で、一つの楽章が終わるたびに拍手が起こる。クラシックでは普通、全曲が終わるまで拍手はしないもの…。これはアメリカが(あるいはケネディさんが)、ある種「クラシック情弱」のため?それとも、ケネディのカザルス爺への米国人らしい親密さの表れ?

…ライナーノートの文章はこのあたりのことに触れていなかったが…。客席にはバーンスタインストコフスキーをはじめ錚々たる楽家もいたそうなので、一般的な拍手ルールを知らないはずはないから、多分カザルス爺への満場の尊敬が、そうさせたんだろう。

連想的に思ったのは、昔、音楽雑誌(音楽fanだったか、FMfanだったか)で読んだ望月三起也のマンガに、若き日のケネディが主人公のものがあった。記憶では、戦争に出たケネディ青年がスペイン内戦下で独裁政権に抵抗するカザルスのことを知ってその雄姿を想像し、憧れを抱き、「いつか自分がアメリカ大統領になったらカザルスをホワイトハウスに招くゾ」と誓う場面。また読みたいな…。

その後、望月三起也の作品について母ちゃんと雑談した。

若い頃、母ちゃんの遊び仲間の一人が「『夜明けのマッキー』かっちい」って言ってたそうで。父ちゃんも「夜明けのマッキー」が一番好きかも知んない。

あと、やっぱり「ワイルド7」かなぁ。「マッキー」にも「セブン」にも金髪・長髪のヒッピー風白人がでてくるけど、こいつ等がカッコよかったなぁ。

それから、当時少年誌に連載されてた「突撃ラーメン」(ストーリーはハチャメチャだったけど(^^;)…

とにかく望月三起也のマンガは70年代「国際感覚」がたっぷりあった。

望月三起也、懐かしいなぁ…というお話でした。

今年最初のサンマ、ゆうべ食べた。

****

【9月26日追記】

LE8Tさんから頂いたコメントにあった石井いさみ氏の訃報の記事が、朝刊にあった。

 

 

犬吠あたり

9月15日(木)

遅いクチナシが咲いた。これが今年の最後かな…と思ったので

食卓に飾った。数日、甘い良い香りを放ってくれた。

9月17日(土)銚子の犬吠埼灯台に、数十年ぶりに登ってみた。

料金は大人一人300円。階段数は99段(思ったより少なかったね)

家族連れのお客さんが思ったより多くて、狭い階段と展望台は混んでいた。

涼しくてうす暗くて心地よい博物館。見た覚えのある大きなレンズが回転していた。

灯台裏手の霧笛設備の建物は、こってりと白ペンキが塗られ、リベット止めされてた。

「霧笛舎」という名称が、文学同人誌みたいで良かった。

犬吠埼の遊歩道を歩く。

随分前に営業をやめたホテル前の浜辺で石拾いをした。

箸置きになりそうな小石をいくつか選んで、持ち帰った。

巨大な水棲哺乳類みたいな岩に波があたってた。

錆びて歪んだドラム缶。これも持って帰りたかった(^^;)

***

9月19日(月)敬老の日台風14号がゆっくりと近づいている。

湿った南風。暑い空気。カッと晴れたり、雨が降ったりする天気。

南側に置いた鉢植を北側の壁沿いに移動した。

物干しの屋根(波板)をバンドで縛って補強した。

…あとは、今夜雨戸を閉めておくくらいかな。

今日の午後は、音楽聴きながら本を読もう。

明日の朝の通勤時が荒れ模様になるらしい。気を付けて行こうと思います。

 

 

昭和がホントに終わった(感)…

9月9日(金)の朝のBS1ワールドニュース

エリザベス女王が逝去された…。ショックを受けた。

確か、その前日にトラス新首相が謁見したのではなかったか?

女王陛下の服装や表情が、「可愛らしくて上品だなぁ」と思った。

雨のバッキンガム宮殿前にはたくさんの人が集まり、偉大な君主の死を悼んだ。

BBCニュースでは女王の生涯をまとめた映像を放送していた。

戴冠式での凛々しく、美しい姿。

先週のゴルバチョフさんに続く、二十世紀の偉大な人物の逝去。

なんだか「昭和」という時代が、次々と幕を下ろしていく気がする(実感)

***

9月10日(土)は爽やかに晴れて涼しい風が吹いた…

旧K町小学校付近の散歩は、キモチがよかった。

帰宅すると、ケーズデンキのサービス窓口から電話連絡。

8月19日に修理に出したCDプレーヤが戻ってきているとのこと。

ありゃま。てっきり9月末頃まで戻らないと思っていたが…。早いのは良いこと。

「明日、受取りに行きますよ(*´ω`*)ヨーン」と返事した。

***

9月11日(日)

ケーズデンキでCDPを受け取ってから、JTBに行って旅行の相談。

…来月(10月)に、庵野秀明展を見に行くことにしましてね。

新幹線やホテルの予約をしたのです。

映画館に立ち寄り(映画は見ないけど)したら「シン・仮面ライダー」のチラシがあった。チョー嬉しくなって持ち帰った(^-^)

帰宅後、修理成ったCDプレーヤ:DENON DCD-SXを接続。

ピンチヒッターだったCECのベルトドライブ型(TL51XR)と比べると、とても明快。

CECの音は、少しくすんだ艶消しの感じがしたが、特にクラシック音楽では、フォルテ演奏の時など鮮烈な音と響きがして、これはこれで大変素晴らしいものだった。

だけど、選曲ができない(CDの1曲目から順番にきかなくてなならない)不具合の他に、CDの終盤になると音飛びが起きやすくなる症状があって。

安心して、ストレスなく聴けるDENONはやっぱりよい。

あ。今回の修理内容は「トレイドライブベルトの交換」とメカニズムメンテです。部品代は880円だけど、技術料が17,900円。合計18,780円(税込)でした。

それと、今回の修理を機にリモコンも注文していた。

使用中のリモコンは以前、電池が液漏れしたこともあり、いつの日か動かなくなる恐れが…。4,400円(税込)は安くはないが、部品があるうちに購入しておいた方がいいかな?と思いましてね。

夕方散歩で、この秋最初の彼岸花を見つけた。

***

自由自在に選曲できる(アタリマエ ダケド…(^-^;DENON DCD-SXで…

今朝は、CD16曲目の「時代」を聴いてから出勤しましたよ。

このCDに収められた「時代」は、父ちゃんが中学3年生のとき、ニッポン放送(コッキー・ポップ)で聴いた懐かしいシングル・バージョン編曲。

毎朝シュレーゲルを探し、見つけると嬉しい小市民のワタシ…

 

にわかの鉄印

8月31日朝、BS1が伝える英BBCのニュース映像…

ゴルバチョフさんが亡くなった。大胆な政治家、魅力的な人物だった。

翌9月1日の朝刊一面。ゴルバチョフ氏の訃報と安倍さんの国葬のこと。

政治家の(特に)国内での評価は、その実績が大きい程、割れるみたい。

このお二方は、日本を含む自由主義陣営に、たいへん大きな功績を遺したと思う。

***

8月末日にアニメ「平家物語」(山田尚子監督作品)のBDボックスが届いてた。

朱漆と金箔細工の文箱のような装丁の箱を開けると…

屏風様のケース。この反対側にBD3枚が収まってます。。。(^-^; The 平安調…

工夫を凝らした装飾だがディスクがものすごく取り出し難い(^▽^;)…実用的ではない。

作品としての出来栄えは、モチロン素晴らしいの一言。

既に配信で視聴済だったけど、BDの画質は配信時よりずっとクリアです。

****

急に「鉄印収集」を始めたくなって。9月3日(土)母ちゃんと鹿島臨海鉄道に乗った。

涸沼駅」(無人)にクルマを停めて…

次の「大洗」まで乗車する。周辺は田んぼが多い田園風景。

約10分後、金属メーカー広告のラッピング車両一両が到着。座席はほぼ埋まってた。

トンネルをいくつか超えて、海辺の町「大洗」に到着

大洗駅は改装工事中でした。

改札で、乗車時に受け取った整理券を見せて運賃(220円/人)を精算し「鉄印がほしいのです」と申告。

交付される「精算済券」を駅売店のオバちゃんに渡して「鉄印ください」と頼むのだ。

鉄印帳は「フリー版」(1,320円)を選択しました。

貰った(購入した)鉄印はこちら…。「大洗ならでは」のガルパン・バージョン。

売店で売ってる「貨物時刻表」…こんなのがあるんだぁ(*´ω`*)コレハ カッテナイ ケド…

ひとまずミッション達成し「後は大洗を楽しもう」…と。

町内巡回バス「海遊号」に乗り、大洗漁港付近で下車。

大洗町役場、商工会議所付近を歩いていると…

商工会議所で、ガルパンカレンダーを販売している(していた?)のを知って愕然。

会議所が開いてる平日に、また来ようと思った。

郵便局にはガルパン切手販売のポスターがあるし…う~ん欲しい。心がザワメいた。

(切手はSOLD OUTになってる可能性が極めて高いけどネ…)

通りがかりの古民家風のお蕎麦屋さんで昼食

手打ち感満載、野趣あふれる盛付け(^-^)

歯ごたえたっぷりのとても美味しい蕎麦でした(750円)。これは嬉しかった。

大洗シーサイド・ステーションではガルパン・ギャラリーを覗いたあとに・・

Sazaコーヒーに入店。すると…

「こ、これは…」

「BC自由学園」マリー隊長が召し上がってたケーキ!しかも最後の1ピース。

迷わず注文して、母ちゃんと二人で食べた。

味は…(本当のこというと)サイコーというものではなかった(^▽^;)

***

そろそろ帰っぺ。

大洗駅から下り線に乗車。今度は二両編成でした。

この日はカシマスタジアム鹿島アントラーズVS浦和レッズの試合があって、レプリカユニフォームを着たカシマサポーターがたくさん乗ってました。

父ちゃんと母ちゃんは涸沼駅で下車して…

駅から1㎞弱の距離にある涸沼を見に行った。綺麗。湖といっていいほど広い。

「夕日が美しい場所」という案内があった。

そうだろうなぁ…。次は晴れた日の夕暮れ時に訪れたい。

帰路、カシマスタジアム前で信号待ち。大勢の人がスタジアムに入っていくのが見えた。試合は2点差を追いつかれてドロー。結果は残念だったが…。

この週末も楽しかった。(↑これは、BC自由学園の砂部(いさべ)さん)

 

 

 

 

 

ベルトドライブの音と音楽

8月25日(木)の朝散歩では…

自宅前の稲はたわわに実って風に揺れていたが…帰宅したら稲刈りが終わってた。

翌朝の様子。収穫はめでたいことなのだけど。稲刈りが終わると寂しくなるのです。

***

CDプレーヤー:DCD-SXを修理に出してますが…

不具合はトレー開閉だけなので、9月アタマ頃には戻ってくることを期待。

さて、DCD-SX不在中のピンチヒッター:CEC社TL51XR。

前記事に「ふくよかさ・空気量の多さはDCD-SXに及ばない」…と書いた。

確かにそうなんだけど、数日聴きこんで、このCDPの音の良さを再認識しています。

響きは比較的デッドで、楽器の音色に表情がある。JAZZを聴いていると、特にベースの音に演奏者の性格というか、演奏に託した感情が現れているように感じられる。

実際このCDPを購入した時の第一印象は「アナログレコードっぽく鳴るなぁ」だった。

なんちゅうか。音色がアル・デンテで、音楽には傾斜(角度)がついて、コントラストが強めの写真みたいなリアリティがある。

よいなぁ。ベルトドライブ式CDP:TL51XR(^-^)

ただ、このCDPも「故障」していて選曲ができない…1曲目から順に聴くしかないのでした(^-^;…

***

さて、さて。

ここのところ、軽度の活字中毒になってまして。古本で小説を読み継いでます。

雨の日の読書はとくに気持いい。

文学に関する知識はあまりなくて、偏るのですが…。物語の中で印象的に現れる曲の音盤を、いくつか探して入手してます。

「色彩を持たない田崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹

F.リスト ピアノ曲集「巡礼の年」

この曲のことは何もしらなんだ。小説では、3部構成中の第1部の一曲(「郷愁」)が取り上げられている。父ちゃんもこの「第1部(CD1枚)」だけ買おうかなぁって思っていたら…、たまたま安価な全曲盤を見つけて購入し、初めて聴きました。

そしたらね。第1部よりもむしろ、CD2枚目・3枚目の方が好みの曲が多くて、全曲盤を買ってよかったなぁと、感じた次第。

***

東京奇譚集」(村上春樹)5つの作品が収められた短編集。

そのうちの一篇「偶然の旅人」の冒頭、まぁ、小説の「まくら」部分で村上春樹自身が遭遇した「ちょっと劇的な偶然」事例が紹介されるが、それがジャズ・ピアニストのトミー・フラナガンのライブでのこと。

トミー・フラナガンは人気のある人だけど、父ちゃんは殆ど音盤を持ってない。作品中紹介された音盤(「Encounter!」)を検索したら値段高めだったので諦めて、トミフラ氏が参加している他の音盤を探したところ。。。

気になったこれを購入。キャロル・スローンのボーカルアルバム「But not for me」

伴奏がトミー・フラナガン・トリオ(プラス1)。トミフラ氏のピアノはシンプルで柔らかくて美音、それに深みもある。悪くない音盤でした。

***

「サブマリン」(伊坂幸太郎

目の不自由な登場人物が、主人公を食事に招き聴かせるJAZZの音盤が魅力的に紹介されていて、凄~く欲しくなった。

「ミンガス・アット・カーネギー・ホール」なんですが…。アマゾンに中古音盤を注文し、本当ならこの週末に届いていた予定だったのが…。

まだ届かないのだった(^-^;…モシカシテ トドカナイカモ・・・・チト ハラタッテル

***

8月29日(月)

今朝は空気がひんやりして「秋が来た」感が強くなった。

早朝散歩がとても気持ちよかった。

遠目にはスーパーの駐車場に置き忘れられた鞄かと思った。近くに寄ったら猫だった。

散歩道にはショウガの花が咲き始めてる。

ショウガの花の香りは、凄く好き。

***

追伸

今日、CDPの修理センターに電話で問い合わせたら、修理品が山積みになっていて、父ちゃんのCDPの修理が終わるのは「早くても9月の中旬以降の見込み」だって…。

 

 

送り火と、蜂の巣撤去のこと

8月16日(火)の朝刊記事

アニメ「たまこ・まーけっと」(京都アニメーション)で登場人物たちが通う学校のモデルになった聖母学院(中等部)が、ダンス選手権で優勝…の記事(オメデトウ!)

この日は、仕事のあとに送り火

少し強めに吹く風をさけるため、門扉前の角で小さく焚いた。

***

さて。トレー開閉の不具合が出ていたCDプレーヤーの修理のことです。

8月初旬にサービスセンターに問い合わせたところ、担当者さん曰く…

「お盆期間にかかると時間がかかるので、お盆明けの方がよろしいかと思います」

ナルホド…('ω')ナットク…というわけで盆明けを待っていた。

今回は家電量販店経由で修理に出す。量販店の担当者が説明してくれるのには…

「梱包はこちらでやりますから、お客様は本体だけ(ハダカで)お持ち下さればよろしいですよ」

なるほど…それでいいのか。だけど、万が一事故があったら嫌だなぁと思って…

母ちゃんに手伝ってもらって、オリジナルの箱に収めて修理に出したのでした。

…重かった(^^;)

修理されて戻ってくるのは、おそらく2週間後くらい。イッテラッシャ~イ

その間のピンチヒッターは、CECのベルトドライブ式TL51XRです。

久しぶりに鳴らしたけど、なかなか立派な音でした。

ふくよかさ、空気量の多さは、やっぱりDENON DCD-SXの方が上だけどね。

***

お盆があけて、父ちゃん家の周りの田んぼは収穫を待つ雰囲気が漂っている。

8月21日朝の様子。稲がたわわに実ってる。稲刈りが近い。

***

さて…。アシナガバチが物干し場の屋根の下に巣をつくるのは例年のことなのだけど。

今年は特に大きな巣を作った。目測で、直径15㎝を少し上回るサイズ。

ちょっと心配になって、蜂の巣撤去の業者さんに、現地確認と見積を依頼した。

8月21日(日)午前

ヴィッセル神戸の大迫に似た担当者さんがやってきた。軒下の巣をみて、言った。

アシナガバチの巣は一か所に限りません。家全体と蜂の動きを観察させてください」

「巣は軒下の一つしか見当たりませんが、床下の換気口から出入りしているヤツもいるようです。床下に巣がある可能性があります。見せてもらっていいですか?」

床下に入り、出てきてから言った。

「大きな巣がありました(写真を提示)。これは、煙幕(バルサンみたいなもの?)を焚いて駆除してから、巣を撤去することを強くお勧めします。」

「今はアシナガバチだから『まだしも』ですけど、スズメバチアシナガバチの巣を乗っ取ることがあるんです。そうなると凄く危険なことになるし、費用も嵩みます。」

***

最初、軒下の巣の撤去だけなら「1万円強でできる」ということだったのです。

ところが、あれよあれよという間に話が大きくなって、大迫似の彼のいうとおりの作業をしたら、総額6万円前後の費用がかかるとのこと。

彼がウソを言っていると迄は思わないが、父ちゃん(と、母ちゃん)としては、ちょっと慎重になった。

今日のところは、軒下の巣だけを撤去してもらうことにした。

スプレー式の殺虫剤をかけてから、巣を撤去。

地面には数匹の蜂の死骸があった。

代金12,100円を支払った。

大迫似の若者は、巣と蜂の死骸を片付け持ち帰った。

***

今日の朝刊、日曜日の書評欄に・・・ 

漫画「ぱらのま」(kashimir先生)が採りあげられていた。

褒める文章に「うんうん、そうだよね」と頷きながら、朝めしを食べた。

ウレシイので、記事を切り取っておいた(#^^#)

***

この週末。今年オトナになったばかりのシュレーゲルが数匹、庭で過ごしていた。

これもうれしかった。

 

向日葵、台風、迎え火

暑い日がつづき…

新聞、訃報欄では…

8月9日には声優の小林清志

翌10日には三宅一生氏、ニャロメを演じた大竹宏氏、そしてオリビア・ニュートン・ジョン…。自分が若かった頃に活躍した人々が亡くなっていく。

***

8月11日は祝日「山の日」

買い物からの帰路、向日葵が咲いた原っぱの横にクルマを停めたら…

土地の持主らしいオジサンが歓迎してくれて、たくさん花をもらった。

花瓶に生けたら、部屋が明るくなった(^-^)

残りをドライフラワーにしたり、裏のお宅のばあちゃんにお裾分けしたりした。

***

週末に台風8号がくる予報。

8月13日の正午前、家の南側の鉢植えを風が当たりにくい場所に移して…雨戸を閉めた。

その時、気が付かなかったのだけど、そこにはアマガエルがいて…

雨戸が彼の右足を挟んだ。数時間後に気が付いて開放したが、右足は完全に潰れ、干からびて固まっていた。彼は瀕死に見えた。仰向けになり口元だけが動いていた。

やがて雨が降り始めてしばらく経つと、アマガエルは起き上がった。そしてどこかに歩いていった。右足が潰れたままで…。

本当にごめん。酷いことをしてしまった。これからは気を付けて雨戸を閉めることを、心に誓った。

夜、雨が降る中、玄関前で小さく迎え火を焚いた。

***

週末、「大公」のCDが届いた。デュプレ、バレンボイム、ズーカーマンのトリオ。

これは1969年の12月末から1970年1月にかけて、ロンドンのアビーロード・スタジオで録音されたもの。

先に入手したボザール・トリオと比べると、演奏者の主張がずっと目立つ感じでした。

どっちが好きか…、今のところボザールの方です。

***

庵野秀明展、行きたい。