どいの父ちゃんのブログ

素人オーディオと 亡き犬と サラリーマン残り火生活

人生は旅ずら(1)

散歩してると生きものにあう。

田圃周辺にもいる。

猫が多いけど。

我が家周辺では、今年はカエルの数が少ないみたいで残念。

***

6月21日(金)夏至のこの日、関東は梅雨入。天気は雨。

朝刊。フランソワーズ・アルディのこと。6月11日に親族が彼女の死を公表した…。筆者と同じく、父ちゃんも荒井由実の曲で知ったアーティストだった。アルバムは一枚だけ、CDで持っていた。

オッペンハイマー博士に関する通訳の証言は、「ホントカナ」と感じつつ、少し心がざわついた。

***

…この日は、コタちゃんの声掛けで熱海に出かける日だっ、た。

庭のメダカ鉢のつがいの一匹が、ここ数日瀕死の状態。尻尾が壊死してしまって動けない。呼吸はしている。帰宅する頃には死んでいるだろうな…と思われた。

***

東京駅から「踊り子」に乗車。

駅弁やサンドウィッチをつまみに「呑み鉄」して…

熱海に到着。結構な雨で肌寒いくらい。

駅近なホテルにチェックイン。古い建物。スリッパの文字が心憎いほどに昭和。あ。靴下に穴がッ!ハズかし。

日暮れどき、空が晴れてきたのでサンビーチ方面に散歩に出た。

傾いた光が、綺麗。

虹がかかったりしたら感動したろうなと思った。

「昭和」を感じた。

このあとホテルで温泉とサウナで汗流して「飲み放題」夕食でたっぷりビールを飲みました…

続く。